翔のSEMデビュー論

検索エンジン・リスティング広告のお話

未分類

[Q&A] 絞り込み部分一致を適用した語句はどこまで拡張される?

投稿日:2013年12月6日 更新日:

普段ふと思った疑問、質問された事項をQ&A形式にして残します。

質問内容

絞り込み部分一致で「渋谷区 +売地」でキーワードを入稿したとします。その場合「+売地」は部分一致の拡張をしなくなるわけですが、表記揺れにあたる「売り地」はカバーされますか?

回答

媒体が「売り地」という語句は”売地の誤字や表記ゆれなどの類似パターンの範疇である”と判断すればカバーされます。

前置きで完全一致とフレーズ一致のキーワード拡張仕様について説明します。AdWordsはキャンペーンの設定に「誤字や表記ゆれなどの類似パターンを含める」かどうか選択する機能があり、オンオフを選べます。Yahoo!プロモーション広告は誤字や表記ゆれをデフォルトで拡張し、オフにする選択は取れません。

絞り込み部分一致の対象にした語句は、上で説明した完全一致とフレーズ一致の拡張と同じ範疇で誤字と表記ゆれを拡張してくれます。(絞り込む単語の区切りに注意)

あくまで誤字や表記ゆれは媒体の判断に基づくものですし、拡張範囲の解釈は変化するので、想像が容易な表記揺れでも「絶対に拡張します」とは言えません。人間からすれば想像が容易な表記揺れをカバーしないケースもあります。

もし取りこぼしを絶対に防ぎたいブランドキーワードなら、表記揺れや誤字も予め入稿しておくことをオススメします。

[Yahoo!プロモーション広告]絞り込み部分一致の設定方法
[Google AdWords] キーワードのマッチ タイプを活用する

 

 

336

336

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事はありませんでした